【東京・ガサガサ】都内の公園でメダカ・タナゴなどの淡水魚を捕まえてみた【網で魚獲り】




都内の公園にメダカを網で獲りに行ったよ

今回都内の公園に網でガサガサ(釣りでは無く網で魚を獲ること)をしにいきました。

今回向かったのは葛飾区の水元公園。

ところどころに小川が流れていて緑も多く、自然が豊かで空気も美味しい。

早朝だったので、ジョギングしている人も多くいました。

早速ガサガサ開始!

どこもかしこも良い感じの小川だらけで、

こちらの小川がミジンコウキクサが生い茂り絶好のメダカ捕獲ポイントと思い、早速ガサガサ!

メダカの隠れ家ともなるミジンコウキクサが生い茂るポイント。

一投目で早速、、

 

獲れたーー!!

いきなりメダカ獲れた!!

、、と思ったらこれ、メダカ、、??

 

よく見るとカダヤシというグッピーの仲間の外来種でした。

ほんの数年前の水元公園は黒メダカがたくさんいたのに、いつの間にカダヤシが出現するようになったのか、、

網を入れるたびにこのポイントではカダヤシがたくさん獲れました!

カダヤシのオスですね。

このポイントではヌマチチブも獲ることが出来ました。

ハゼの仲間であるヌマチチブ。

水底でポンポン跳ねながら移動する仕草がとても可愛らしい。

ポイントを移動してみた

嬉しいカダヤシ大量の悲鳴でしたが、今回メダカとタナゴを獲りたい!

との思いからポイントチェンジ。

移動中にアカミミガメや、ブルーギル・カムルチーの魚影も観れました。

ホテイアオイや、カボンバなどが生い茂る小川のポイントでガサガサ。

相変わらず、カダヤシと、スジエビがたくさん獲れました!

右下の方に映っているのがスジエビ。

肉食系なのでメダカやタナゴと混泳させるときは注意が必要です。

 

さらにポイント移動

さらに水元公園の奥のエリアに足を進めると、

水が引いてしまっていて魚影がはっきりわかるエリアがありました。

この大量の小魚の魚影があるポイントでガサガサしてみると、、

と、獲れましたーーーーー!!!

タイリクバラタナゴのメスです!

見えにくいですが、夏の時期だったので産卵管も伸びておりました。

タイリクバラタナゴのオスはこの時期になるととても美しい婚姻色が体に出てきます。

《ご参考》

《タナゴ図鑑》春の婚姻色が美しい都会の川でも採れるタナゴ! インスタでピックアップ!《淡水魚》

2018.07.24

ちょうど水が引いてしまって、隔離されてしまっているポイントだからか、

こちらでは網を入れるたび大量のモツゴを獲ることが出来ました!

日本の伝統的な川魚のモツゴの稚魚ですね。

タナゴはこれ以降、ガサガサしすぎて獲れなくなってしまいましたが、、

水元公園は、美しい水生植物も多く育っているのでポイントを移動しつつ景色を観ながらリラックスもできます。

生い茂るハスのポイント。

※一部の水生植物保護エリアでは、釣りやガサガサが禁止されているポイントもありますので配慮しながら楽しみましょう。

別のポイントでは、こんなにお腹の大きいカダヤシも獲れました!

カダヤシのメスは胎児性で、お腹の中で卵を羽化させ、直接稚魚をお腹から産出します。

そのため、この時期のカダヤシのメスはお腹が大きく膨らんでいることが多いです。

カダヤシは実は2006年2月に外来生物法施行令により、特定外来生物として指定されてしまっており、

採って飼うことが違法になっています。

そっともとの場所にリリースしてあげました。

 

日も登ってきてとても楽しめたので本日は帰宅。

都内にはなかなかない自然を堪能できる水元公園。

お子さんであれば一日中ガサガサして楽しめると思う。

日差しがとても強いので夏場は熱中症対策を忘れずにね。

 

またガサガサレポートは更新いたします!

今度は上流の方に行ってみようかなぁ。

今回使用した道具!

ガサガサ用の網!

先端は四角いタイプが魚を角に追い込む時に役立ちます!(丸いタイプだと逃げられてしまいがち)

網めはなるべく目が細かいものをチョイスしましょう。

メダカとか稚魚がすり抜けてしまいますので。

観察用のアクリルケースです。

メモリがついてある方がサイズが判別できわかりやすいです。

 

今回採れなかったメダカちゃんたちに癒されたい方はこちら!

《メダカ図鑑》全種類合わせると数百種類!?メダカの中でも人気の種類をピックアップしてみた!

2018.07.22













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA