《民泊》宿泊施設に飲食スペースを導入する時の座席数設定の目安、広さとは!?《ホテル》




宿泊施設に飲食を導入する時の飲食部分の座席数設定の目安、広さについて

宿泊施設に飲食を導入する時の飲食部分の座席数設定の目安、広さについて

朝食対応時、0.6 席/室。

というのが基準になってます。

※朝食を提供する場合の宿泊施設であれば、部屋数につき、0.6席程度の座席が必要。

 

座席の必要面積

座席の必要面積

ひと席あたりの座席面積は、

3㎡/席は必要となりますので、

 

90 keys(室) → 54 seats(席) =162 ㎡

150 keys → 90 seats = 270 ㎡

200 keys → 120 seats = 360 ㎡

 

席数を減らす場合

スペースの確保が難しくやむを得ず席を減らす場合には、最低限の席数として、

朝食対応時、0.45 席/室。

 

90 keys → 40.5 seats = 121.5 ㎡

150 keys → 67.5 seats = 202.5 ㎡

200 keys → 90 seats = 270 ㎡

あくまで概算です。

 

工事費について

宿泊施設に飲食スペースを設ける場合の工事費ですが、

朝食だけなのか、昼・夕をどうするのか、オペレーションの方法、

により厨房などの考え方が違ってきますので、

都度相談ですが朝食のみの提供の場合、

工事費は55〜70万/坪程度、

FFE(家具・家電・調理器具等備品)別途25−30万/坪

というところで算出することが多いです。

 

概算でもいくらか検討つけたい、

という方の参考になれば嬉しいです。













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA