【ほったらかし投資】(HDV)楽天証券にてiシェアーズ・コア米国高配当株ETF 30株購入してみた!【配当利回り3%】




(HDV)楽天証券にてiシェアーズ・コア米国高配当株ETF 30株購入してみた!

先月に引き続き、楽天証券にて、米国株投資を行っております。

前回は、新興国投資信託の新興国投資信託(eMAXIS Slim 新興国株式インデックス)を購入しましたが、

【ほったらかし投資】楽天証券で新興国投資信託(eMAXIS Slim 新興国株式インデックス)買ってみた!完全ネット完結!

2019.08.09

今回は、ブラック・ロック社のiシェアーズ・コア米国高配当株ETF

HDVというETFを30株(30万)ほど購入してみましたので、その理由・結果をご紹介してまいります。

HDVまとめ

  • 分配金の配当利回りが3%以上
  • 運用経費率0.08%
  • 過去10年に渡って右肩上がりの実績

 

【HDV】iシェアーズ・コア米国高配当株ETFとは?選んだ理由

HDVの特徴・筆者が選んだ理由として、

  1. ジョンソンエンドジョンソンやコカコーラなど
    エネルギー、ヘルスケア、生活必需品のセクターが多めな銘柄。で分散され75銘柄。
  2. 運用経費率も0.08%、最安ライン。
  3. 過去10年以上に渡って右肩上がりの実績
  4. 配当利回り3%を超えている。(3.31%)
  5. 分配金は年4回配当。(3・6・9・12月)

です。

気になる分配金を抜き出すと、

筆者の場合(30株購入)だと、

分配金

  • 前回(2019.06)の分配金が、0.8ドル/株
  • 1ドル=106円なので、
  • 0.8×106円=84.8円
  • 84.8円×30株=2,544円/回
  • 年4回配当だと、2,544×4回=10,176円

で年10,000円ほどの配当金収入となります。(税無視)

VYMとよく比較されますが、

銘柄は被っているものも多い、だけどHDVの方が昔からある銘柄(おじいちゃん企業)を選定している印象で気に入っています。

 

筆者の投資方針、将来計画、生み出したいCF

前回ちょっと書きましたが、

筆者の方針として、基本ほったらかし投資。

あくせく毎日証券口座の管理画面にログインして、売買・・は行わず、

目標は、将来の積立と分配金による毎月のキャッシュフローが徐々に良くなり生活が豊かになること。

なので目標は、経費率の安い投資信託による積み立て(つみたてNISA)て、将来の安心を得ることと

配当のあるETFを買い続けて今年の分配金が去年を1円でも上回り、生活が豊かになっていくことを体感していくこと。

としています。

※高配当ETFに関しては、月10万くらい分配金があればいいなぁ。(3%だと、4,000万か、一歩一歩。)

なので、相場の値動きを見ず、

様々なセクターや国に分散されているETFや投資信託にて、

キャピタルゲイン狙いではなく、インカムゲイン狙い、

積立のように、コツコツ。

健全、おじいちゃん銘柄をひたすら買っていきます。

もちろん減配の可能性はありますし、市場がどうなるかは誰にも読めませんが、、笑

ひとまず、今回のHDVを購入したことによって、ざっくり分配金で年に10,000円の配当金を得ることになります。

 

まとめ

今回は、【HDV】iシェアーズ・コア米国高配当株ETFを購入しました。

HDVまとめ

  • 分配金の配当利回りが3%以上
  • 運用経費率0.08%
  • 過去10年に渡って右肩上がりの実績

次回は、SPYD(SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF)を購入予定です。

市場の動きに翻弄されることなく、淡々と積み立て、10年、20年と続けていきたいなと思っております。

口座開設は、楽天証券か SBIネオモバイル証券が手数料率も低く、管理画面もシンプルで見やすくお勧めです。













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA