【メダカ】幹之(みゆき)メダカは3種類!?グレードは?弱い?配合は?【飼い方・育て方】




幹之(みゆき)メダカは3種類!?グレードは?

白く輝く美しい光沢が特徴の幹之(みゆき)メダカ。

名前の由来は、愛媛県に住む作出者の娘さんの名前から。

実はこのみゆきメダカには大きく分けて光り方の違いが3種に別れ、

「体外光」、「体内光」、「ラメ幹之」というように異なります。

それぞれご紹介していくとともに飼い方・育て方をご紹介してきます!

 

幹之(みゆき)メダカは3種類!?

 

View this post on Instagram

 

@curara8がシェアした投稿

みゆきメダカと一口に言っても、「体外光」、「体内光」、「ラメ幹之」の3種類に別れます。

また、これらを組み合わせることで、実際には数十種類のみゆきメダカが市場には出回っていることになります。

 

・「体外光」

 

View this post on Instagram

 

めだか日本海さん(@medakanihonkai)がシェアした投稿

みゆきメダカの特徴である、光を当てると背中が光る体外に光を発している種です。

グレードは大きく分けて5つに別れます。

「体外光」のグレード

  • 「弱光」・・・体長の四分の一までの間
  • 「強光」・・・体長の半分までの間
  • 「スーパー光」・・・胸ビレの付け根までの間
  • 「強スーパー光」(鉄仮面)・・・目付近までの間
  • 「極光」・・・口先まで

※さらに細かく分けると、一点のみのラメの「点光」や背中に光が出ておらず、ヒレのみに光が出ている「ヒレ光」などもあります。

 

・「体内光」

 

View this post on Instagram

 

無双めだかさん(@musoh_medaka)がシェアした投稿

背ビレ付近の体内に、青白い光が表現されている品種で、

まるでライブに使うサイリウムみたいですね!

 

・「ラメ幹之」

 

View this post on Instagram

 

tomoさん(@tomomi04142018)がシェアした投稿

ラメのようにつぶつぶの光が鱗に出現している種です。

キラキラとする体表の光は、他種にはないラメ幹之だけにある魅力です。

 

飼い方・育て方

通常のメダカと同じように育てて問題ありません。

他の種のメダカと比べて、丈夫で大きくなる印象です。

我が家のみゆきメダカは同時期に産まれた小川ブラックメダカと比べ1cmほど大きくなっています。

※みゆきメダカは埼玉の道の駅でゲットしてまいりました。関連記事はこちら

【道の駅・メダカ】埼玉の道の駅で激レアメダカ発見!?しかも値段安い!ので買ってみた【羽生】

2018.09.02

発光の良いみゆきメダカを購入する際の注意点としては、幼魚時代のみゆきメダカはまだ発光が不十分で、体全体に発光が行き渡っていない場合もあります。

その為、ブリーダーの方も幼魚自体のみゆきメダカに体外光のグレードをつけるのはなかなか難しいのです。

その為、『鉄仮面みゆきメダカ』と書かれていても、実際成長したら、『弱光』だった、なってこともよくあります。

充分に大きくなった状態でご自身の気に入った発光のみゆきメダカを購入されることをお勧めいたします。

 

 

《関連記事》

また、

  • メダカを買いたいけどどんな種類があるのかまず調べたい!
  • ただただ色んな種類のメダカをみて癒されたい!

《メダカ図鑑》全種類合わせると数百種類!?メダカの中でも人気の種類をピックアップしてみた!

2018.07.22

という、メダカの図鑑が見たいという方はこちら!からどうぞ。今や品種改良が進み、450種類以上のメダカがいるんです!













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA