【室内地デジアンテナ】組み立て30秒!デジタル平面UHFアンテナ DUA-400を購入したら地デジ画質に文句ひとつ付けようがなくなった件【Hisense 50A6800】




デジタル平面UHFアンテナ DUA-400で室内の地デジ受信が最強・快適になった件

Hisenseの新型テレビ(50A6800)を購入したけれど、住宅街に住んでいる為か、地デジの電波受信が弱く、

テレビを視聴する時間によっては画面がざらつくことが多々あり、困っていました。。

関連記事:

【ハイセンス4K・50型】Hisense 50A6800は音・画質が良い!?購入レビュー!良かった・イマイチだった3つのこと!

そこで色々調べた結果、室内にTVアンテナを置くことで改善されるという情報があり、

そのなかで、このTOSHIBA製の地デジアンテナ『DUA-400』が良さそうだったので、購入し設置した結果、

文句の付けようのないくらい快適だったので、今回ご紹介します!

 

『DUA-400』のお勧めポイントは下記の3つ!

DUA-400お勧めポイント

  1. 軽くて持ち運び便利・簡単組み立て!
  2. 室内のどこでも強い電波が受信できる
  3. 映像がざらつくことが一切なくなり、快適な画質に

順にご紹介していきます!

 

1:軽くて持ち運び便利・30秒で簡単組み立て!

早速我が家にやってきた『DUA-400』。

早速組み立てていきたいと思いますが、付属品は、室内設置の場合、本体とスタンドのみ。

あれ?これだけ?

そう、まず驚いたのは説明書の薄さ・工程の少なさ!笑

STEP1:『スタンドと本体をネジで取り付けます。』

以上、終了。。

終わった。30秒。

既にスタンドにはネジが入っており、本体とくっつけるだけ、、おしまい。

女性でも簡単どころか、ドライバー握りたての7歳児でもセッティングが可能だと思います。

また、本体もとても軽く、電波受信強度が高いところへ設置する場合への持ち運びのラクさも特徴。

本体はめちゃくちゃ軽い。体感100gくらい

あとは、TVケーブルを別途購入(何でも構いません)し、本体とTVに繋ぐだけで、完成!です。

 

2:室内のどこでも強い電波が受信できる

セッティングがものの30秒ほどで終わってしまったので、

あとは本体を室内の電波の受信がしやすい所に設置するだけ、、と思い、

TVケーブルを本体に取り付け探そうとした矢先に、受信。

ぶっきらぼうに床においた瞬間に受信

マジかと。あれだけ電波が悪くたまにジャギジャギした画質になっていたのが嘘のよう。

本体をおいた瞬間に一気に滑らかな画質のTVが映りました。

室内で電波の良いところを探す必要が全くありません。(我が家の場合)

ちなみに、この『DUA-400』は屋外に設置も可能な為(防水加工)、

室内で映りが悪かった時用の長いTVケーブルも用意していたのですが、一切不要でした。

本体の大きさ自体も、

330(H)×318(W)×89(D)と、場所を取らずスマートな形の為、TV棚にそのまま収容することが出来ました。

どこでも設置できると書きましたが念の為、

電波の悪いところとして、完全に密閉された箱のなか、や厚い壁で四方を囲まれている場合などはダメでした。

なので本体を完全に隠すことは難しく、ある程度は本体を見せる形になりそうです。

しかし、写真のように板のTVボードくらいであれば、問題なく両サイドが板でも受信できております。

 

3:映像がざらつくことが一切なくなり、快適な画質に

最後に画質。

あれだけ画面がザラつきイライラしてたのが、嘘のようです。とっても滑らかです。

一時はHisenseの商品のTV自体を疑ったこともあったのですが(ごめんなさい)

完全にアンテナの問題だとわかり、ホッとしました。

 

まとめ

DUA-400お勧めポイント

  1. 軽くて持ち運び便利・簡単組み立て!
  2. 室内のどこでも強い電波が受信できる
  3. 映像がざらつくことが一切なくなり、快適な画質に

これでお値段5,000円。いい商品を購入できました。

 

関連記事:TVをリビングに壁掛けしたい!という方はこちら!

【ハイセンス】Hisense 50A6800をリビングに壁掛けでスッキリ!設置手順を徹底解説!ひとりでできるの?【PERLESMITH製 アームタイプ】

2018.12.04













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA