【iPhone11pro】ワイヤレス充電器 Anker PowerWave 買ってみた! メリット・デメリット スマホリングは非対応!【充電速度は?】




ワイヤレス充電器 Anker PowerWave 買ってみた! メリット・デメリット

我が家にもやってきましたワイヤレス充電器。

このワイヤレス充電はiPhoneでは8から対応となり、以前に筆者が使用していたiPhoneが7では出来ず、

11proに機種変更したこのタイミングでワイヤレス充電器を購入いたしました!

Anker PowerWaveを購入。

 

本体は軽く、薄いです。

今回はこのワイヤレス充電器のメリットデメリットをご紹介してまいります!

まとめ

メリット

  1. ポンっと置くだけ!手間なし!

デメリット

  1. スマホリング(バンカーリング)を付けてるひとは反応しづらい!
  2. 急速充電ではない!
  3. 充電しながら携帯いじれない

結論!スマホ(バンカー)リングを付けない人で、充電器を寝室に置く人であれば最高かと思います。

 

メリット① ポンっと置くだけ!手間なし!

電源に接続した、ワイヤレス充電器の台の上、真ん中目掛けて、

ポンっと置くだけで充電がスタートされます。最初に充電されたときは「おおっ」と思いました。

充電ケーブルをわざわざたぐり接続する必要なしです!この体験は大きい、、!

もちろん、充電ケーブル自体も直接触ることは稀なので損傷しにくいです。

充電ケーブルが損傷し、結構な頻度で買い替えていた筆者にとってはコスパの良い買い物かもしれません。

 

デメリット① スマホリング(バンカーリング)を付けてるひとは反応しづらい!

筆者の携帯は背面に落下防止のスマホリングを付けているのですが、

これを付けていると充電面と若干距離があるからか、充電反応しないときがあります。

真ん中に優しく置けば普通に充電はされるのですが、

たまに反応しないときがあって、

このたまにではあるのですが、反応しないときが一度でもあると、

どうしても「今回はちゃんと充電されてるかな、、」と顔を近付けて確認する必要が出てきてしまって、

不安になるので、スマホリングを付けている筆者のようなユーザーには、このたまに充電されない現象がデメリットとなるかな、と思います。

また、充電中の機体を動かしてしまう(ズレてしまう)と充電がされなくなる場合もあるので注意です。

 

デメリット② 急速充電ではない!

iPhone8以降の機種には、ワイヤレス対応だけでなく、

専用の充電器であれば急速充電機能が付いています。

(※30分で約50%くらいまで電池回復)

いまや11proには付属品で急速充電器が付いてくるほどなのですが、

このアンカーのワイヤレス充電器は急速充電対応ではありません。

しっかり100%回復まで、一晩ほどかかります。

 

デメリット③ 充電しながら携帯いじれない

寝室に置いて、寝るとき専門の充電器であれば全く問題なし!です。

なのですが、リビング用・職場用などでは

メールやLINEが来るたびにワイヤレス充電器まで取りに行って(手を伸ばして)

メール確認した後、またそっと置いて、また確認して、、

はちょっと面倒かな。。

また充電ケーブルに繋ぎながら、電池消費が激しいスマホアプリをプレイする、あるいは動画を見る、

なんてことは当然出来ません。

携帯が家でも手放せないひとはデメリットになりますね。

 

まとめ

まとめ

メリット

  1. ポンっと置くだけ!手間なし!

デメリット

  1. スマホリングを付けてるひとは反応しづらい!
  2. 急速充電ではない!
  3. 充電しながら携帯いじれない

結論、スマホリングを付けない人で、充電器を寝室に置く人であれば最高かと思います。

我が家ではリビングの充電器はワイヤレス充電器と通常のケーブルの2つ使い。

寝室はワイヤレス充電器使いとしていこうと思います!

 













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です