【千葉県】観光・宿泊需要調査!ディズニーランドは年間の観光客3,000万人!?2位と3倍の結果を付け圧勝!【木更津】




観光・宿泊需要調査!ディズニーランドは年間の観光客3,000万人!?2位と3倍の結果を付け圧勝!

千葉県の発表の平成29年版観光入込調査報告書が上がってまいりましたので共有します!

千葉県観光入込調査報告書

早速報告書をみてみると、

 

【観光客数】

訪れた観光入込客数(延べ人数)は、約1億7,934万人

 

【宿泊者数】

1,833万人

うち外国人宿泊客は336万人

※外国人宿泊客数は 14.3%前年比増加

 

【上位観光地域】

  • 東葛飾地域:約 5,957 万人
  • 千葉地域:約 3,122 万人
  • 印旛地域:約 2,556 万人
  • 君津地域:約 2,455 万人
  • 安房地域:約 1,172 万人

の順となっており、この5地域で全体の8割以上を占める。

本木更津立地は君津地域であり、千葉県では4位の年間約 2,455 万人の観光需要が見られる。

 

【月別の観光入込客数(延べ人数)の状況】

1月が約2,019万人と最も多く、次いで8月(約1,988万人)、7月(約1,752万人)、5月(約1,541万人の順。

最も少ない月は、2月(約1,162万人)で、次いで、6月(約1,239万人)、9月(約1,278万人)の順となっている。

 

【地域別の宿泊客数(延べ人数)の状況】

東葛飾地域(約 748 万人)が最も多く、次いで印旛地域(約 373 万人)、千葉地域(約 308 万人)、安房地域(約 173 万人)、君津地域(約79万人)の順。

 

【月別の宿泊客数(延べ人数)の状況】

最も多い月は、8月(約 202 万人)で、次いで3月(約 169 万人)、7月(約 164万人)の順。

最も少ない月は、2月(約 128 万人)となっている。

 

【観光地点等分類別の観光入込客数(延べ人数)】

「スポーツ・レクリエーション」が約6,797万人(構成比37.9%)

「歴史・文化」が約2,706万人(構成比15.1%)

道の駅、パーキングエリア等の「その他」約2,603万人(構成比14.5%)となっています。

三井アウトレットパークなどに見られる、「商業施設」には2357万人と全体割合では4位。

 

【国・地域別の外国人宿泊客数の状況】

外国人宿泊客数の総数は約336万人。国・地域別では、中国(約130万人)が最も多く、以下、台湾(約43万人)、北米(約31万人)と続く。

 

【観光入込客数(延べ人数)の多かった観光地点】

浦安市の東京ディズニーリゾートはなんと年間3,000万人。

木更津市をピックアップすると、

海ほたるパーキングエリアでは761万人。

また、近隣施設では、袖ケ浦市の東京ドイツ村では年間106万人

富津市マザー牧場では年間84万人

ちなみに、同市スパ三日月龍宮城(温泉旅館)では28万人が訪れる。

 

【観光消費額】

約1兆 3,835 億円。

宿泊客と日帰り客の消費額をみると、宿泊客が約 6,054 億円、日帰り客が約 7,780億円となっている

 

【国内月別宿泊客観光消費額】

・観光目的(百万円)

1~3月:99,825
4~6月:74,179
7~9月:105,355
10~12月:105,780

・ビジネス(百万円)

1~3月:26,084
4~6月:30,581
7~9月:31,015
10~12月:41,582

 

【訪日外国人宿泊客観光消費額】

・観光目的(百万円)

1~3月:8,071
4~6月:13,872
7~9月:11,807
10~12月:8,036

・ビジネス(百万円)

1~3月:6,803
4~6月:19,229
7~9月:13,925
10~12月:9,291

参考までに、国内宿泊客では年末にかけて消費し、訪日外国人では4月の桜・花見時期に消費額が大きくなる。

これらの数字は宿泊単価に影響するため、10~12月、4月は宿泊単価を高めに設定が可能と推察。

 

千葉県木更津のホテルの予約はBooking.comで!















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA