【妖精展示!?入館料300円】福島県沼沢湖近くにある妖精美術館に行ってみたら妖精だけでなく天野喜孝作品のステンドグラスに囲まれて幸せだった件!【金山町】




福島県沼沢湖近くにある妖精美術館に行ってみたら妖精だけでなく天野喜孝作品に囲まれて幸せだった件

福島県奥会津にある夏場の水浴びの人気スポット「沼沢湖」の近くに、

世界中の妖精が集まる美術館がありましたので今回行ってまいりました!

撮影の許可も頂いたので今回は妖精美術館館内をご紹介してまいります。

まとめ

  • 天野喜孝氏やFF好きの方に!
  • 館内には人がほとんどいなく貸し切り状態!
  • 夏場は涼しいので避暑地として
  • 入館料はなんと300円

FFのキャラクター・世界観デザインを引き受ける天野喜孝氏によるステンドグラスや、手書きのイラスト、

妖精のブロンズ像のレプリカなどがあり、天野さんファンには楽しめると思います!

 

全国で唯一の妖精美術館が金山町に

まず外観。ひっそりしていて、いかにもな雰囲気があります。

入場料は大人300円/人でした。安い。。

早速入ってみます。

入場券を買って館内に入ろうとすると、

扉が勝手に開きました・・!

すごい・!妖精の仕業か・・?って思って感動していたら

スタッフの方が見えないように開けていて、

「妖精の仕業かもしれませんね、、」ってはにかんで笑っていました。素敵なキャラでした笑

館内には妖精をモチーフにした作品が多数並びます。

デザイン画や人形・レプリカ・資料などなど、妖精好きには楽しめると思います。

精巧なつくりの妖精たち

デザイン画や、

鉄でつくられたレプリカも

躍動感がありますね。

 

オリジナル天野喜孝作品も展示!

個人的におおっ!て思ったのがファイナルファンタジー作品などのキャラクターデザインを手掛ける

天野喜孝さんのオリジナル作品が見られたことでした。

なかでも、館内1階から2階にまたがって掛かっている大型のステンドグラス。

この2枚目の感じなんてまさにFF感満載で感動しました。

他にもところどころに天野さんの作品が。

 

動画でも撮影してみた

館内に流れる音楽も上がってドレミ音階を上がって下がって繰り返される感じのFFっぽい音楽。

 

企画展は湖川友謙氏でした!

銀河鉄道999や宇宙戦艦ヤマトなども手掛けたアニメクリエーターの湖川友謙氏の企画展

「宇宙からの妖精 湖川友謙展」が開催されていました。

原画や台本、フィギュアなとが展示されていました。

 

アクセス

アクセス

  • 所在地/968-0002 福島県大沼郡金山町大字大栗山字狐穴
  • 電話/0241-55-3180
  • 開館時間/9時~17時
  • 営業期間/平成31年4月27日(土曜日)~令和元年11月10日(日曜日)
  • 休館日/水曜日(祝日の場合は翌日)
  • 交通/電車利用(JR只見線会津川口駅よりタクシーで約20分)
  • お車の場合/磐越自動車道会津坂下ICより国道252号を只見方面へ約40分
  • 入館料/大人 (高校生以上)300円 、小中学生 200円

<参考>福島県金山町HPより

沼沢湖から歩いてもいけます。

ちなみにPDFにて妖精美術館のパンフレットをDLできます。

興味ある方は見てみてください。こちらから!

 

まとめ

まとめ

  • 天野喜孝氏やFF好きの方に!
  • 館内には人がほとんどいなく貸し切り状態!
  • 夏場は涼しいので避暑地として
  • 入館料はなんと300円

FFのキャラクター・世界観デザインを引き受ける天野喜孝氏によるステンドグラスや、手書きのイラスト、

妖精のブロンズ像のレプリカなどがあり、天野さんファンには楽しめると思います!













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA