【ジモティー】トラブルにならない為に気をつけるべき3つのこと【無料出品NG・メールテンプレ・連絡先NG】




ジモティーでトラブルにならない為に気をつけるべき3つのこと

ジモティーより

近郊に住む方々に無料や格安で商品を譲渡出来る素晴らしいサービスのジモティー。

出品者としても

 

  • 廃棄すればお金が掛かるはずだったところを逆にお金を頂きながら引き取って貰えたり
  • フリマサイトに売るにしても、梱包や発送、入金確認の手間が掛かるところを自宅付近まで引き取りに貰え現金手渡しだったり

 

とメリットはたくさんある。

だけど、簡単に登録出来、匿名でやりとり出来るため、トラブルに巻き込まれやすいのも事実。

今回は、出品者の立場としてジモティーでトラブルや嫌な思いをなるべくしないように気をつけるべきことを3つにしぼってまとめてみました!

 

こんな人に!

  • ジモティーで初めて出品する
  • 出品したがトラブルに巻き込まれた(嫌な思いをした)ことがある
  • 怖い思いをしたくない

それでは3ついってみましょう。

 

その1:無料で出品しない

無料で出品すると問い合わせが急増します。

同じ商品でも無料と有料では体感値ですが、お気に入りされる数が20倍くらい違います。

そうなのです。無料にすると、本来の純粋にその商品を探していて、欲しい!

という人だけでなく、

 

  • 近いからもらっておくか、無料だし
  • 近郊のリサイクルショップに持っていって売ろう
  • 個人情報etc..取れるかもな。

 

などの人を引き寄せてしまいます。

特に最後の個人情報を取ろうとしてくる方はやっかいです。

出品者がプロフィールを充実させていたりすると更に、

下記する注意ポイントのひとつの実家での受け取りや、連絡先を交換してしまうとその情報はどこに行くのかわかりません。。

100円でも500円でも構いません。

100円にして、実際に問い合わせをしてくれた方に無料で譲っても良いのです。

そもそも自分は値段がつかないだろうなぁと思っていても、他の人は価値を見出してくれるものです。

ぜひ、有料設定をしてみてください。

 

その2:メールでのやりとりで気をつけるべきポイントを抑える(テンプレを使う)

出品した商品に問い合わせがくると嬉しいですよね。

ついつい物事を早く進めようとして、

いち早く連絡をくれた方を受け取り者に設定したり、

受け取り場所や日時の指定をしたくなってしまう気持ちもわかります。

ですが、少しだけ待ってください。

ジモティーは言い方は悪いですが、出品者側に不利なシステムに出来てます。

受取り者側が当日ドタキャンしようが、急な日時変更をしようが、音信不通や、不躾な依頼をしてこようが、

出品者側は対応しなければならないケースが多いのです。

対応が悪い方に当たってしまうと、それだけでやり取りするのに労力と時間を取られてしまいます。

それを防ぐためにも、更に以下のポイントに注意してやりとりを進めてください。

 

まずは簡単なメールのやりとりを行う(取引者は自分で選択して決める)

人気のある商品だと、このように問い合わせがたくさんくることもあります。

 

この問い合わせて頂いた方の中からやりとりを行いたいな、商品を渡したいな、

と思う方を自分が選択して決める、というスタンスで行くといいと思います。

 

まず、連絡のほとんどが、

『まだ商品はありますでしょうか』

だと思います。

これだけだと、取引者はもともと丁寧に作られているメールテンプレを使用している場合もあるので、

どの方が印象が良いか、丁寧なやり取りができる方なのかわからず、トラブルを避けるのは難しいです。

 

時間がある場合は

のような連絡を返してあげると良いでしょう。

その返信内容を見て、やりとりをしてみて、

思い遣りがあるな、一般常識が通用するな、という方を選んでいきましょう。

 

日時・場所指定は出品者側から行う

上記したやり取りは正直面倒、、や時間がない方は、

いきなり日時・場所指定をしても構いませんが、

必ず日時・商品も受け渡し場所は出品者側から指定してください。

優しい出品者の方は、

『いつ頃が宜しいでしょうか』

のような聞き方をされ、受取り者側の都合に合わせてしまうと、

心理的に相手にマウントを取られてしまい、結果、相手の遅刻やドタキャンを招きやすいです。

また、受取り者側が指定の場所を指定してくる方だと、疑うわけではないのですが、

ちょっと危ないな、、と感じてしまいます。

このような形が丁寧で良いでしょう。

 

受け取り者指定は受け渡し直前or受け渡し後でもOK

これは補足ですが、

ジモティーにはやり取り画面の中に”受け渡し予定者にする”というボタンがあり、

これをクリックすると、やり取りしている方に

あなたが受け渡し予定者ですよ、と伝えることが出来ます。

ただ、このボタンを押してしまうと、

複数のユーザーから問い合わせがある場合、

選ばれなかった方には「他の問い合わせ者と取引中です」と表示されてしまいます。

もし現在やりとりをしているユーザーがドタキャンや、音信不通、ちょっと不信感を感じる、、

などの場合に他のユーザーに変更しようと思っても、その方々は

『なんだ、もう決まりそうなのか、、』

と感じてしまい、別の出品者の商品を探してしまうかもしれません。

新規で問い合わせるユーザーの数も減ってしまうでしょう。

更にこの”受け渡し予定者にする”ボタンに関しては

押そうが押さまいが、何らやり取りには関係がない、のです。

取引が実際に終了してからボタンを押しても構いません。

よって、このボタンを押すのはユーザー様が当日向かっているという連絡を頂いた場合などの取引の直前や、

取引が終わってからでよいでしょう。

 

その3:連絡先(住所・携帯番号)を教えるときは細心の注意を払う

住所や携帯の番号は何回かやり取りを重ねた後に、

この人なら大丈夫そうだな、という確信があってから教えるようにしましょう。

自分の場合、場所に関してだと、

のように、まず取引者には◯◯丁目くらいの住所を先に共有します。

※これがないと、そもそもどの辺りで商品を受け取ればいいのか取引者側もわからない。

そして、商品が小物であれば当日の受け取り先は自宅近くのコンビニか駐車場を指定しています。

大物である場合も、自分で持ち運べる場合は、コンビニか駐車場がよいでしょう。

(取引者も車でくるケースが多いと思いますので。)

どうしても自宅で受け渡す必要がある場合は、

プロフィールややり取りの中で本名などの個人情報を伏せてください。

それでも怖い、や神経質な方の場合は、自宅の場合でも

『友人の家のものを出品している、これは友人の家です。』

などと伝えてもよいかもしれません。

携帯の番号を聞いてくる方がいるかもしれませんが、特に教える必要はありません。

電話で連絡を取りたいと言ってきている場合は、まず取引者の番号を聞き、

こちらからは非通知などでかけるとよいでしょう。

 

結論:気持ちのいい取引にする為には営業でも何でもそうだと思うけど、商品を持つ側がある程度リードしてあげることが大事

 

ここまでネガティブに書いてまいりましたが、

もちろんジモティーは素晴らしいサービスで自分は愛用しており、すごく助かっています。

しかし一歩間違えれば、時間や労力を取られてしまうユーザーと出会ったり、

怖い体験をすることにも繋がりかねません。

自分の体験値としては、10人に1人くらいなので、多くはないとは思いますが、、

結論として、気持ちのいい取引にする為には営業でも何でもそうだと思いますが、商品を持つ側がある程度リードしてあげることが大事だと感じます。

読んでくれた方が取引者とスムーズなやり取りができ、素晴らしい方と出会えて輪が広がることを願っております!

ぜひ参考にしてみてください!

 

《過去記事》本人確認がなかなか承認されない方・お急ぎの方はこちらを参考にしてみてください。

【ジモティー】本人確認を求められメッセージが送れない!?急ぎ承認をもらう3つの方法【対処方法】

2018.06.24

 

《過去記事》出品画像がうまく添付・アップロードできない方はこちら!

【ジモティー】ジモティーに写真画像添付できない!?ときに試したい3つの方法とは!?

2018.08.03

 

《過去記事》ジモティーに出品されている怪しげな商品の数々をまとめてみました。笑

【ジモティーの闇】金の成る木?こんな商品も!?ジモティー東京で出品されている怪しげな商品を探してみた!【あなたは引き取る?】

2018.11.28

 

ありがとうございました!













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA