【iPhone7 電波入らない!?】Apple Store 予約→修理 に掛かる時間・金額は?【現地調査】




【iPhone7 電波入らない!?】Apple Store 予約→修理 に掛かる時間・金額は?【現地調査】

ある日突然使っていたiPhone7の電波が突然入らなくなり、どこにいても『圏外』の表示。

Wi-Fi環境のみで使用できますが、もちろん電話も使用できず、、

2日経っても改善されなかったので、Apple Store現地店舗で修理に行くことにしました!

同じ症状の方がいらっしゃったら、公式発表の不具合の可能性もあるので、

下記より本体情報をチェックしてみてください。

 

予約→Apple storeへ

まず、Apple StoreのHPから予約します。

こちらから【持ち込み修理】を選択し、ご予約ください。

予約が殺到しており、1週間後の予約となることもあります。

不具合が起きたらまず予約、でもいいかもしれません。

ここで、注意なのが都内のApp Store正式店は銀座・新宿・表参道のみです。(渋谷は休業中)

他の店舗は正式パートナーという扱いになります。

 

店舗へいく→修理

Apple store銀座店にいきました。

奥の直通エレベーターで4階まで昇っていきます。

平日の昼にも関わらず、4階の修理場にはひとがごった返しておりました。

受付を済まし、席に案内され担当スタッフさんが来るのを座って待ちます。

 

早めに行きましたが、スタッフの方がいらっしゃったのが、予定時刻を5分ほど過ぎたあたり。

早めに呼ばれることは無さそうなので現地にぴったりに着いたほうが良さそうです。

なかなか呼ばれずイライラしている方がちらほらいらっしゃいました。

 

やってきたスタッフさんと、症状の問診。

症状が発生したのはいつから?どんな調子?など。

なんかiPhoneの病院にきたみたいな感じ。笑

 

スタッフさんの対応はとても丁寧でした。

問診後、Appleストア専用のiPad端末に自分のiPhone情報を同期させると、

充電パックの残存容量やら充電総回数やら、

不具合が起こっているポイントなどが一瞬でヴィジュアル化されます。

 

ここで自分のiPhoneが現在公式発表で発生しているiPhone7の下記不具合に該当することがわかり、

ごく一部の iPhone 7 において、メインロジックボードのコンポーネントの故障により、ステータスバーに

(モバイルデータ通信のサービスエリア内でも)「圏外」と表示される場合があることが判明しました。

この問題が確認されているのは、2016 年 9 月から 2018 年 2月までの間に製造され、中国、香港、日本、マカオ、および米国で販売された iPhone 7 です。

引用元:Apple HPより

無償で本体交換してくれることに。

 

対象となるiPhone7はこちら。

出典元:Apple HPより

本体を初期化する旨の同意書にサインをして、

古い本体を回収してもらい、新しい本体を持ってきて頂きました。

公式の不具合だったのか。。

 

ちなみに、この突然モバイルデータ通信が圏外になる不具合に該当するiPhone7は結構な台数あるらしく、

既に有償でApple store以外で修理をしてしまった場合では、返金での対応を頂けるとのこと。

心当たりがある方はこちらにお問い合わせください。

 

ちなみに、

本体交換の際にはイヤフォンなどの付属品は貰えません。笑

 

また、もともと充電の切れ具合も最近早くなっていたので電池交換を事前に相談したところ、

iPhone7の充電電池は現在品薄中だそうで、現場に在庫があるか確認が必要とのこと。

電池交換のみ希望の場合は前もって確認したほうがいいでしょう。

交換時間は2時間ほどかかるとのことでした。※外に出て待っていても大丈夫です。

 

現地店舗では、自分の端末のMAXの充電容量を調べてもらうことができます。

直接スタッフさんに伺ったのですが、

Appleが電池交換を推奨しているのは、残量が80パーセントを切るか、総充電回数が500回を超えること。

この基準を超えていると、電池が通常使用で1日もたなかったりするので、

交換しても良いのでは?ということでした。

 

修理時間・費用

自分の場合、上記のiPhone7のエラーに該当したので本体交換となりました。

修理に掛かった時間は

  • 問診に5分
  • 本体交換含む初期設定に10分
  • 合計15分ほどの非常にスムーズなピットインでした!

もちろん、費用は無償交換の対象でしたので無料でした。

交換した本体は初期設定のままなので、自宅でバックアップアップデータと同期させる必要があります。

※Mobile Suicaで現地まで来ている方は、自宅に帰るまで初期設定のままなのでお金を持っていかないと詰みます。笑

ちなみに、充電パックのみの交換の場合は、3250円で2時間ほどとのことでした!

 

まとめ

  • 店舗予約受付は殺到しておりなかなか時間枠が取れません。

本体がおかしいなと思ったらまず店舗での予約を抑えましょう。

行けなくなった場合のキャンセル費用はもちろんかかりません。

現地には早めについても対応頂けない為、時間ぴったりにいきましょう。

 

  • 急遽本体交換や、初期化対応となる場合がありますので事前にバックアップは必ず取っておきましょう。

店舗でバックアップ対応は出来ません。

 

  • Mobile Suicaユーザーは初期化されると使用出来なくなる為、

念の為、お金を持っていきましょう。













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA