【グランピング・宿泊】御殿場でセミグランピング!藤乃煌に宿泊してみた!晴れていれば富士山も!【赤ちゃん・子供連れにも!】




御殿場でセミグランピング!藤乃煌に宿泊してみた!

静岡県にある、グランピング施設、藤乃煌(ふじのきらめき)!

通常のグランピングにあるようなテントで自然の中の宿泊、より

近代的なコンテナハウス型の宿泊施設ということで注目を集めています。

今回実際に藤乃煌で宿泊体験をして、

グランピングを味わってみてとても良い体験ができたのでシェアしていきます!

 

まとめ

  • 自然の中で寝泊まりセミグランピングスタイルが最高。
  • 施設は出来て1年ほどとキレイ
  • 通常の旅行と違う異世界感を楽しみたい方にはお勧め!

今回は、

  1. チェックイン~入場
  2. 内装・設備・外観
  3. 食事
  4. その他(金額や交通アクセス)

の4つの観点でご紹介していきます。

ドローンでの空撮映像はこちら

晴れていれば、素敵に富士山も見えるとのことです!

藤乃煌予約はこちら!

 

チェックイン~入場

①電車でもバスでも。電車の場合、改札ではSuica使えないので注意!

最寄り駅は御殿場駅。

電車で現地へ向かう場合は、Suicaだと改札を引っかかってしまうので駅改札で駅員さんに通過処理をしてもらいましょう。

バスだと、東京駅と新宿駅から御殿場駅までの高速バスが出ています!

 

②送迎バンが可愛いので送迎お勧め!

52年物のバンをリメイクして仕上げています。これ一台と普通のバンの2台で送迎対応しているそうです。

利用者さんの送迎利用率は、半々とのこと。ご自身の車で来られる方も半分ほどいらっしゃいます。

交通機関を利用されてくる方はほぼほぼ送迎を依頼されるとのことでした。

運転のスタッフさんはチェックインセンターの予約係の方ですが、とてもさわやかで活発な方で気持ちのいい対応をして頂きました。

御殿場駅から現地まではバンで10分くらいです。

 

③チェックインの為、チェックインセンターへ

もともとフェラーリミュージアムだったとのこと。

世界で2台しか無いドア両開きのフェラーリが展示されていたりしたそうです。

そこを現在の藤田観光さんが改装され今のチェックインセンターとなりました。

大変失礼な言い方ですが、見た目は緑のお城で田舎のラ○ホみたいな感じな印象を受けましたが、

中に入るととてもおしゃれできれいなチェックインカウンターがありました。

 

④入場

チェックインをすますとそのままバンで移動し、藤乃煌へ入場です。

チェックインセンターから現地までは歩いても10分ほど。バンだと3分です。

 

内装・設備・外観

①OPEN

緊張してブレブレですが、入場シーンです。

中央にウッドデッキを挟み、14㎡ほどのコンテナを3つ繋げた宿泊施設はほど広く、

手動で開閉できる屋根を開ければ青天井が広がる、ホテルとは一段違った体験が出来ます。

周りには20棟の同様のグランピングが自然の中に広がります。

 

②内装

いわゆるテントでの本格的なグランピングとは異なり、

貸し切りの施設内に必要な備品・設備はすべて整っております。

  • ベッド
  • トイレ
  • 洗面所
  • ジャグジー
  • シャワー
  • テーブル、作業スペース
  • コップやアメニティ類の備品

ちなみに、洗面所の水道水は飲料水で、飲めます。

 

ジャグジー

ジェットバス付で、天井を開放すれば星空を見ながらお風呂に入れます。

ジェット噴射の威力も協力で気持ちいい。

室内にはシャワーブースも御座います。

 

ベッド

シングルベット2つが基本で、追加でエクストラベッドの依頼も出来ます。

寝心地はいいです。

 

作業スペース

持ち込みOKで、自分たちで買ってきたお菓子やお酒などのお食事も室内でできます。

 

トイレ・洗面所

トイレは洋式ウォッシュレット付き。洗面所もピカピカで気持ちが良いです。

ちなみに、アメニティ類がこちら。ボトルがおしゃれ。

パジャマもついてます。

 

③設備・備品関連

スリッパや、コップ、ポッドやプロジェクター。

施設の楽しみ方が確認でき、フロントへ連絡が出来るタブレット端末などが完備。

 

④外観・周りの設備

藤乃煌マップ

全20棟のコンテナハウスと遊び場があります。

 

ドリンクステーション

到着時にウェルカムドリンクのレモネードを戴けます。

 

子供用のテントスペース

キッズルームですね。大きいクマがいます。

 

ドッグラン

ワンちゃんと泊まれる施設がひとつあり、専用のドッグランが付いてきます。

 

日本造園

ふじのきらめきには日本庭園さながらの造園があり、グランピングになぜ?

と思いますが、これはフェラーリミュージアムだったものをそこから現在の地主さんが引き継ぎ、

自らのお家にあった灯篭とかを持ってきたとのこと。

 

プレイスペース

木を使った遊具があるプレイスペースで、子供やワンちゃんと遊べます。

卓球場もあります。

 

食事

・夕食

本格BBQです。

WEBERというガスオーブングリルで大きなお肉や海鮮をそのまま焼くスタイル!

WEBER

何がいいって、準備や片付け、ワインなどのリザーブなど必要なことはすべてスタッフがやってくれるシステムです。

オーブンで焼くデザートのイチゴのパイや、焚火を囲い、マシュマロを溶かして食べる「スモア」も絶品でした。

 

・朝食

朝食は手作りホットサンドと暖かいスープでした。

こちらもスタッフがさんが準備してくれます。材料もスタッフさんが切って持ってきてくれますので、焼くだけ。有意義。

 

その他

・ターゲット。どんな方が多いの?→子育てファミリー

もともとセミグランピングスタイルということで、ご高齢の方が多く来るのかな、

と踏んでいたそうですが、実際は子育て世代のファミリーが多いとのこと。

小さいお子さんがいて、奥様にはお腹に赤ちゃんもいるような家族。

自然で子供を遊ばせたい、けど目の届くところに置きたく、でも普通のグランピングだと、

寝床や食事の用意は面倒・・。こんな方々。

 

・金額

5月の平日に3名宿泊しましたが、

お会計は3人宿泊で95,000円程でした!

 

・交通経路

行きは電車、帰りはバスを使ってみました。

行きのバスは、東京駅付近から乗りましたが、東海道線と御殿場線を乗り継ぎますが、とくに混むことは無く座って移動できます。

バスは送迎バンで送って頂き、最寄りの御殿場インターチェンジから乗ります。

新宿行きと東京行きが出ており、片道、1580円。

バス停に待合室があり、バスに乗るときに前払いで料金を支払います。

 

まとめ

まとめ

  • 自然の中で寝泊まりセミグランピングスタイルが最高。
  • 施設は出来て1年ほどとキレイ
  • 通常の旅行と違う異世界感を楽しみたい方にはお勧め!

個人的には、借り切りのコンテナ前のプライベートスペースで、

専用の焚火を燃やしながら、じっと火を見つめてまったりしているときが最高でした。

藤乃煌予約はこちら!

 

アクセス

  • 住所:静岡県御殿場市東田中3373-25
  • 連絡先:info-kirameki@fu-ji-no.jp
  • 公式HP:https://www.fu-ji-no.jp/kirameki/

 

グランピングに興味のある方!都内のグランピング施設情報はこちら!

【東京・グランピング】都内で日帰りグランピング!手ぶらでBBQもできるお勧めグラマラスキャンプ場まとめ!

2019.01.10













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA