《大阪特区民泊》大阪市エリア平均宿泊金額・稼働率マップ《ADR/OCC》




大阪市特区民泊平均宿泊単価・稼働率マップ

Airbnbによる無許可物件の一斉削除があった矢先、さらに特区民泊の需要が予想される為、あくまで個人の主観が入ったデータになるが、これまでの経験から大阪市で特区民泊を運営した場合の1日あたりの宿泊金額と月間稼働率を概算してみた。

こういうADR/OCCデータは探しても見つからない為、これから特区民泊の申請をしようと思っている人の参考になれば幸いである。

前提条件として、

  • 25㎡ワンルーム
  • 4名宿泊部屋

であるのと、ざっくりだが室内FFE(家具家電・消耗品)に関しては平均的なものを置いたとする。

※一部屋あたり40~50万円くらいかな。

《大阪》エリア宿泊単価マップ

《大阪》エリア宿泊単価マップ

 

 

合法物件の取得がめんどくさい人に

民泊物件.com
サイト内物件は全て転貸可能許可付きの為、一番やっかいな管理規約NG問題を気にしなくてOK!

無料登録後、民泊運営したいエリアの住所で検索すればごまんと出てきます。

物件は所有しているが自分で民泊運営はちょっと、、という人はご自身の物件を掲載すれば、民泊運営したい人と自動でマッチングされます。賃貸よりも高い値段で貸し出せる可能性もあるので物件オーナーの方にも!













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA