【民泊の始め方】家具家電選定!運営・清掃の観点からお勧めのFFEをご紹介!洗濯乾燥機は必須!?【観葉植物や掃除機は?】




家具家電選定!運営・清掃の観点からお勧めのFFEをご紹介!洗濯乾燥機は必須!?

今回は旅館・ホテルの家具家電の選定時のポイントについて!

筆者は宿泊施設の運営委託・相談を受けることも多いです。

オーナー様が独自で選定される家具家電(FFEと言います)はおしゃれでセンスはあるのですが、

清掃や運営の観点からみるとちょっと、、と思うこともしばしばありますので、

今回運営会社・清掃会社はどういった家具家電を求めているのか、ご紹介してまいります!

 

大型家具

ソファ・ベッド→足なし必須・収納棚は不要

ソファやベッドに脚があるタイプ、これは清掃しにくいです。

ホコリがベッドと床の間に大変溜まりやすく、掃除機も届かない、、

いちいち家具を移動させて掃除することもしばしば。

清掃会社によっては清掃してくれない会社もあり、その場合月々ホコリが蓄積されていき、

部屋中が埃っぽくなってしまいます。

また、あまりに脚が高いタイプの家具はゲストが飛び跳ねたりしたときにポキッと足が折れてしまうことも。

ロータイプのベッドを選定しましょう。また、下にも書きますが収納付きのベッドなども収納は不要です。

 

リビングテーブル→棚は不要

基本的に、収納スペースはホテル・旅館・民泊に関しては最小限で大丈夫です。

棚などがたくさんあるとそれだけ清掃の手間がかかります。

またゲストが棚や収納に置いたものを忘れて帰ってしまい、

運営会社や清掃会社にコミュニケーションコストが発生します。

(清掃会社によっては忘れ物対応500円/回なんてところもあります。)

スッキリしている家具をいれていきましょう。

 

大型家電

洗濯機→ドラム式の乾燥機付きがベター

ゲスト視点では、旅で汚れた衣類を当日中に洗濯乾燥でき、

運営視点では、バルコニーや部屋内に物干しを導入する必要がなく、

清掃視点では、清掃中に著しく汚れているベッドカバーやフキンなどを清掃中に洗濯乾燥できるためです。

お値段が張るので必須ではありませんが、喜ばれます。

我が家でも実際に使用している、Panasonic製のドラム式NA-VX8900はお勧めです。

【パナソニック洗濯乾燥機】ドラム式NA-VX8900購入レビュー!スペックは!?乾かない!?騒音は!?【完全乾燥】

2019.06.17

 

掃除機→ハンディタイプは避け吸引力が強いものを

清掃会社が持参してくれるところもありますが、個人にお願いする場合などは

物件の設備を使って清掃するところがほとんどです。

この際、収納しやすいからといってハンディタイプの小さな掃除機や、

格安の吸引力が弱い掃除機を購入してしまうと、清掃会社にとって大きな負担となります。

 

水回り

トイレ→水洗・ウォシュレット付必須

水洗でない、ウォシュレット付いていない、は厳しい言い方ですが論外です。

ゲストはもちろん、清掃会社もトイレが汚れるので大変嫌います。

タンクレスだと清掃場所も少なく、余計な水が飛び散りにくいです。

トイレ自体はアラウーノなど洗浄しやすいものがベターです。

 

その他・飾り

観葉植物は不要

イミテーショングリーンは見た目的に映えますが、

葉の大きいタイプや、鉢付きのものだとホコリが溜まりやすいので、お勧めしません。

どうしても導入したい場合は、葉の先の細いタイプで鉢にホコリが溜まりにくいものを選定しましょう。

 

なるべく部屋(クロスや床)に白、は使わない。

ちょっと家具家電からは外れてしまうのですが、お部屋のイメージにホワイトを好まれる方が多いので、、

清潔感があってとても良いのですが、白は避けましょう。

清掃時にどうしても残ってしまう髪の毛が目立ちやすいからです。

髪の毛一本残らず清掃しきるのは至難の業なのです。。特に床のクロスは白は絶対に避けましょう。

木目のものや、グレー(リリカラuh710)が良いでしょう。

お風呂場の壁やタイルにも気を使って汚れにくい素材が選べるとベターですね。













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA